宇宙を味方につけ夢を叶える自然療法

2012年10月25日

「食事療法の基本(2)たんぱく質は体内で作られる」

人間の体は20種類のアミノ酸から、無限の種類のたんぱく質を作ることができる。

のみならず、たんぱく質の材料であるアミノ酸さえも、そのほとんどが自分で作れて
しまう。ただし9種類のアミノ酸だけは、どうにも自分の体内で作ることができない。

その9種類のアミノ酸は「必須アミノ酸」と呼ばれ、食べ物から摂る必要がある。
9種類の必須アミノ酸を摂るなら、以下の食品をおすすめしたい。

大豆製品(納豆・ゆば・豆味噌)・生のナッツ類(一晩ほど浸水する)・酵素玄米
きのこ類・海藻類・全粒小麦・ごま・国産パイナップル・緑黄色野菜・雑穀麦ご飯

いずれも単体ではなく、いろいろと組み合わせることで、足りないものが補われる。
加熱油ほか危険な油やクリーミーな食品、砂糖と一緒に摂っていては意味がない。

湿疹・鼻炎・喘息・気管支炎・結膜炎などのアレルギー疾患、慢性関節リウマチ、
がんなどの自己免疫疾患が出ている方は、乳製品をやめると悪化から好転する。

上記のような疾患がなく、血液検査でアレルギー反応が出なければ、下記からも
必須アミノ酸が摂れる。ただし、体が排泄に忙しい午前中には、消化・吸収に
多大な時間と労力を要する下記を口に入れない。(消化しづらく腐敗しやすい)

鶏肉(皮と脂肪は除く)・魚介類(さば・あじ・いわし)・卵・
カッテージチーズ(低脂肪)・エメンタールチーズ(低塩とろけるチーズ)・
モッツァレラチーズ(半脱脂肪)・ヨーグルト(無脂肪か低脂肪に限る)

ただ、どんなに安全・低脂肪・低塩でうまかろうと、食べ過ぎるのはよろしくない。

成長期の子供、重い病気やけがの回復期にある人、授乳中のママさんに限っては、食品から直接、たんぱく質(必須アミノ酸)をたくさん摂る必要がある。

しかし、それ以外の健康な成人や妊婦さんにとっては、たとえ活発に動いていようと、なんと一日にわずか60〜120gの良質なたんぱく質を食べていれば、それで十分。一日60gだけ摂っていたとしても、体内でたんぱく質が欠乏する心配はない。

となると、ほとんどの人が過剰なたんぱく質を摂っていることになる。たんぱく質を
摂りすぎると、肝臓・腎臓に負担がかかり、解毒力が落ちて、アレルギー疾患や
自己免疫疾患を引き起しやすくなる。

実は緑黄色野菜からだけでも、十分なたんぱく質が摂れる。自分の心と体を温め、朝一で生の人参ジュースを2杯のみ、午前中は果物を食べていると絶好調だ。

もし、あなたの髪や爪が全く伸びなくなって、外傷が治らなくなっているのなら、
はじめて「たんぱく質が不足している」と、体が教えてくれていることになる。
女性の場合、妊娠や閉経でもないのに月経が止まったら、やはりタンパク質不足。

私は以前に血液検査で、動物性(お肉や乳製品)の脂肪分に対してアレルギー反応があることを知ったので、お肉だけは全く食べないようになった。それでも、私の髪や爪は今も、なんとまぁ元気よく伸びまくり、外傷もすぐ治り、跡も残らない。

それどころかお肉をやめてからはソバカスが消え、しみ・しわを作ることができず、
随分と若返ってしまったので、周囲から「本当は宇宙人なんだろう」とも言われる。

2001年頃、ステージ2bのがんを持っていた私は、食事療法・温熱療法・心理療法に取り組みながら、週2回の鍼灸治療を受けた。手術・抗がん剤・放射線治療は受けなかったが、2005年にはステージ1bに、がんは進行ではなく退行していた。

「アホで良し!」「おばかで行こう!」「嫌なことは忘れるに限る」そんな勢いで
35歳にはカナダへ語学留学に行き、再びはじけた学生時代を送れたから?
あいかわらず何度も、イカした音楽や歌詞や映像に励まされ続けていたから?

とにかく私はまだ、ここに生きていられる。何かもに対して、本当にありがとう様だ。

ユニークな友やすばらしい仲間、尊敬に値する各界の講師の方々に恵まれたうえ、
これまで実に「あいててて」な失敗や損失や苦痛からも、貴重な間違いを学べた。

最近、やっとわかったことがある。
私は、ついつい、がんばりすぎるのだ。
なんてったって、がん腫れてしまう、そんな性分だったわけだ。
しかも、顔晴る(がんばる)のではなく、我ん張りすぎてしまうのだろう。

今年はまた、がむしゃらに勉強して、がむしゃらに働いて、必死に無理をして、余計な背伸びまでしていた。理解されず、誤解されたまま、信用していた人から罵倒されることもあった。

そう、何か、ボタンのかけちがいのような出来事がつづいて、やっと立ち止まれた。

「ストップ、ストップ! このまま行くと、危険よ、危険!」

「ほら、できるだけのことを、やっていこうよ。もう、それだけで、いいじゃん!」

「それができるだけで、十分、すごいじゃん! えらい! えらい!」

「できないことがあって当たり前じゃん! 何だってできなくたって、いいんだよ!」

そんなことを言いながら、自分も人も認め合える、励まし合える、助け合える、
そういう人間でいよう。

9種類の必須アミノ酸だって、多様な食べ物を組み合わせることで、やっとそろう。
自分とは違う、多様な人たちと、どう補い合えるか? そんな課題を楽しむのだ。

よーし、そうしよう。そうしていいのだ。やったー!やったー! めでたし、めでたし。

(参考文献:「ナチュラル・メディスン」 by アンドルー・ワイル医学博士)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 家族・友達へ メンタルヘルス にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ 美肌づくり にほんブログ村 健康ブログ ストレス解消法へ 治癒力UP





2012年10月24日

食事療法の基本(1)危険な油と安全な油

高血圧・動脈硬化ほか、すべての生活習慣病と老化現象には、飽和脂肪や酸化油が深く関係している。

肉(動物性脂肪分が元凶)・乳製品(乳脂肪)・ラード・ショートニング・
ココナッツ油・ヤシ油・加熱油で調理されたあと、時間が経った炒め物

健康体になるには、上記を食べないようにするか、ごくたまにしか食べないこと。
すると、あ〜ら不思議! 実年齢より8〜10歳、若く見られる美肌の出来あがり。

(お肉が好きな方へ = 皮や脂肪を取り除いた鶏肉なら、まあまあ安全ですよ〜)

体内へ入れても良い油
(非加熱油であれば安全。加熱すると、どれも酸化油となり、安全ではなくなる)

オリーブオイル(エキストラバージン)/亜麻仁油(フラックスオイル)/
菜種油(キャノーラ油)/ごま油


揚げ物・ローストされたナッツ類・市販のマヨネーズやドレッシング・
コーヒーフレッシュ・クリーミーなソースやデザート・砂糖が入った食物

上記も、飲食する量を大幅に減らす。減らせば減らすほど、簡単に痩せていく。
もし、9割以上やめられたら、体もお肌も確実に、若々しくよみがえってくる。

ローストされていない、生のナッツ類を4~8時間、浸水したものや、安全な油で作られたドレッシングは安全。

マヨネーズなら、松田のマヨネーズがおすすめ。甘口よりも辛口のほうが、少量かけただけでもおいしい。油分は、国産の圧搾菜種油だけが使われている。

これからは、バターの代わりにエキストラバージン・オリーブオイルと塩を使おう!
砂糖の代わりに、アガベシロップ・メープルシロップ・メープルシュガーを使おう!
(ネット検索で購入できる。アガベかメープルが届くまでの間は、てんさい糖で代用)

揚げ物用に高温に熱した油とその煙には、高い酸化力と発がん性があるため、決して近づかないこと。(特に2回以上、もしくは翌日以降に再加熱された油の煙は、鼻から吸い込まれただけでも有害な物質となる)

マーガリン(別名:食べるプラスチック)
普通のラーメンや焼きそば(人工かんすい入り)

殺人的なので、食べない。(マーガリンが原材料名に入っている物も食べない)
「ノンフライ・無かんすい」であれば、ラーメンも焼きそばもそれほど危険ではない。
「天然のかんすいだけを使っている」というラーメンや焼きそばは殺人的ではない。

焼きそばをはじめ、どんな炒め物も、加熱油で炒めるのではなく、水で炒めよう!


【注意】 
・血圧を下げる薬(降圧剤)については、決して急に服用をやめないこと。
・降圧剤は、血圧を計って様子を見ながら、必ず徐々に減らしていくこと。

(参考文献:「ナチュラル・メディスン」 by アンドルー・ワイル医学博士)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 家族・友達へ メンタルヘルス にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ 美肌づくり にほんブログ村 健康ブログ ストレス解消法へ 治癒力UP









ブログがいつ更新されたか、一目でわかっちゃうコミュ   おいでおいで〜♪ 【まねキャット】

読者になると、最新記事がいつ書かれたのかが一目でわかります。

新規登録してから上記の【まねキャット】バナーを再びクリック! ログインで設定完了♪





green_bargreen_bargreen_bargreen_bargreen_bargreen_bargreen_bar




Copyright (P&C) since 2005 むちゅうひこうせん All rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。